/

この記事は会員限定です

ウイスキー投資の機熟す キリン、50年ぶり蒸留所増強

[有料会員限定]

国産ウイスキー市場の拡大をにらみ大手メーカーが大型投資に動く。最大手サントリースピリッツに続き、3位のキリンビールも静岡県の蒸留所の生産能力を増強する。生産設備の新規投資は蒸留所の完成以来、約50年ぶり。ハイボール人気で2018年の国内市場は10年前の2倍に膨らむ。今後も市場が伸びるとみて供給の壁となっている原酒の確保を急ぐ。

キリンの国内ウイスキーの販売量シェアは数%にとどまり、17年の同事業の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1373文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン