/

三菱電機、再エネと連係容易な「直流送電」参入へ

日経クロステック

三菱電機は、直流送電システムの製品開発・検証を行うための検証施設「HVDC(高電圧直流)検証棟」を建設し、2018年11月26日から稼働開始する。直流送電は、交流送電より送電効率が高く、太陽光発電や風力発電などとの連系が容易なため、再生可能エネルギーの利用拡大による二酸化炭素(CO2)削減に貢献するという。

直流送電のなかでも、「自励式」を開発・検証する。直流送電システムには、交流・直流間の変換に交流系統内に変換器容量に見合った発電機が必要になる「他励式」と、これらが不要な「自励式」があり、接続する系統条件に制約の少ない自励式の需要が今後増加すると予想される。自励式は、直流・交流間の電力変換を行う複数の変換所と、これらを接続するケーブルまたは送電線から構成される。

事故発生の動作検証

HVDC検証棟では、交流送電線事故や直流事故の発生時の動作検証をする。主要設備として、設備容量50メガワット(MW)のBTB(送電線を持たない直流送電設備)構成で、変換装置、制御・保護装置、受電設備などを備える。なお、太陽光や風力などの再エネ発電設備は設置していない。鉄骨造で一部地上2階建て、延べ床面積は1767.8平方メートル。

同社は、自励式直流送電システム事業に参入し、トータルブランド「HVDC-Diamond(HVDCダイヤモンド)」をグローバルに展開する。HVDC-Diamondは、個々のシステム要件に最適な制御機能およびハードウエア構成を採用し、運用時の安定運転と落雷など交流送電系統事故発生時の運転継続を実現。高速応答の保護機能により、直流事故発生時の過電流による設備機器の損傷を防ぐ。

また、高耐圧・大電流パワー半導体モジュール(HVIGBT)の採用で変換装置のモジュール数を削減して電力変換所を小型化・低コスト化。HVIGBTを2列・並列構成にして幅広い送電容量帯に対応する。20年度まで累計受注高500億円以上を目指す。

(ライター 工藤宗介)

[日経 xTECH 2018年11月15日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン