/

LINEペイで納税可能に 大阪市が導入「全国初」

大阪市は15日、無料対話アプリ「LINE(ライン)」の決済サービス「LINEペイ」を使った市税の納付が12月14日からできるようになると発表した。納付率向上が目的。自治体が納税に同サービスを導入するのは、大阪市が全国初になるとしている。

利用者はサービスに登録した上で、コンビニ支払い用の5万円未満の納付書に記載されたバーコードをスマートフォンで読み取り、決済する。全ての市税で利用でき、手数料の負担はない。

吉村洋文市長は15日の会見で「(LINEペイの)利用者は全国で3千万人おり、大阪市でも多くの方が登録している。効果的な方法になるだろう」と期待した。

神奈川県も今月13日、来年1月からLINEペイで税金が支払えるようになると発表した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン