/

中米ホンジュラス、米メキシコ国境に移動領事館

【メキシコシティ=丸山修一】中米ホンジュラス政府は15日、メキシコ北西部で米国境に接するバハカリフォルニア州に移動領事館を設置したと発表した。米国を目指す移民集団の大半はホンジュラス出身者で構成されており、続々と米メキシコ国境に到着している。ホンジュラス政府は移動領事館を通じて、米国への難民申請を含めた法的な支援を実施する。

スペイン通信社EFEによると、ホンジュラスのカルラ・クエバ人権相は「(領事館設置は)人権に配慮し、自国民の米国へのアクセスを保証するのが目的だ」と話した。移民の中には難民申請に必要な証明書などがそろっていないケースが多いとみられ、ホンジュラス政府は領事館を通じて証明書の発行など手続きに向けた便宜を図る。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン