/

この記事は会員限定です

LIXIL退任劇の舞台裏 プロ経営者また挫折

[有料会員限定]

10月最終週のLIXIL(リクシル)グループの突然の社長交代劇が波紋を広げている。創業家の潮田洋一郎氏(取締役会議長、64)が自ら迎え入れた「プロ経営者」瀬戸欣哉氏(58)の退任を、知らぬ間に指名委員会で固めたとの証言もあり、社内では真相を明らかにする第三者委員会の設置を求める声もあがる。何が起きたのか。両者が沈黙を続ける中、唐突な交代劇の導火線が見えてきた。

社内向けメールで「容認できない」

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り5343文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン