2018年12月17日(月)

業務用だしのフタバ、くるみ使ったふりかけ

サービス・食品
北関東・信越
2018/11/15 22:00
保存
共有
印刷
その他

業務用だしメーカーのフタバ(新潟県三条市)は、クルミを使ったふりかけを発売した。一般家庭向けの商品拡充の一環で、調理に時間を割きにくい共働き世帯などに売り込む。1袋50グラム入りで価格は540円(税込み)。自社サイトや10月に開業した三条市内の直営店で扱う。

フタバが発売したメープルシロップとくるみのおかかふりかけ

商品名は「メープルシロップとくるみのおかかふりかけ」。くるみに昆布だしやメープルシロップを絡め、かつお節をまぶした。さくさくした食感と甘辛い味が特徴で「サラダや煮物のトッピングにもおすすめ」(担当者)という。

同社は業務用が主力だが、最近は一般消費者向けの商品に力を入れている。2019年秋には同社工場内にカフェを開設し、自社のだしや調味料を使った料理を提供するなど、一般顧客への浸透を進める。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報