/

ながの東急百、お歳暮に信州産マスなど投入

ながの東急の今年の歳暮の新商品、シナノユキマスの昆布じめ刺し身

ながの東急百貨店は15日、2018年のお歳暮商品を発表した。高価格帯のワインを拡充したほか、長野県のブランド養殖魚「シナノユキマス」の昆布じめ刺し身などの新商品を加えた。「平成最後のお歳暮なので特別な商品を用意した」(同社)という。

歳暮商品は全1200点。売り場では歳暮のほかおせち料理やクリスマス用商品も購入できるようにしたほか、高級品が目につくように商品の配置も変更した。1人あたりの平均単価は4100円前後を見込む。

かねみつ(富山県魚津市)のシナノユキマスの昆布じめは、長野県南相木村産を使用。淡泊な味わいと適度な脂が特徴だ。一般向けに販売するのは初めてで、価格は5000円(税別)。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン