渋谷最高峰ビル、来秋開業 東急など

2018/11/15 22:00
保存
共有
印刷
その他

東京急行電鉄などは15日、東京・渋谷で東急グループが進める再開発の中核となる超高層ビル「渋谷スクランブルスクエア」を2019年秋に開業すると発表した。高さ約230メートルと渋谷で最高峰のビルが渋谷駅の真上に建つ。JRや東京メトロ、東急の各線と直結し、周辺の再開発ビルとも歩行者デッキでつながる。渋谷の新たなランドマークを目指す。

渋谷スクランブルスクエアは高さ約230メートルと渋谷で最高峰となる(15日、東京都渋谷区)

19年秋の開業が決まったのは渋谷スクランブルスクエアの東棟。東急電鉄とJR東日本、東京メトロが共同出資する渋谷スクランブルスクエア(東京・渋谷)が運営する。地上47階・地下7階建てで、延べ床面積は約18万1000平方メートル。

地下2階から地上14階までは商業施設、15階には産業交流施設「渋谷キューズ」を開設する。フロア面積は約2600平方メートルで、200人規模のイベントを受け入れ可能なスペースなどを設けて起業家らの交流を促す。

17~45階にはオフィスが入る。賃貸面積約7万3000平方メートル、基準階面積が最大約2900平方メートルと渋谷最大級となる。サイバーエージェントやミクシィなど8~9社が入居する予定だ。渋谷スクランブルスクエアの渋谷宗彦常務は「近年の課題である渋谷のオフィス需要に応える。日本の成長をけん引する企業を集める」と強調した。

屋上には約2500平方メートルと国内最大級の屋外展望台「渋谷スカイ」を設置する。渋谷のスクランブル交差点を眼下におさめ、東京スカイツリーや富士山も一望できるという。

東急不動産などが道玄坂1丁目で開発している複合ビルの名称も「渋谷フクラス」に決まった。2~8階などに商業施設「東急プラザ渋谷」、9~16階のオフィスフロアにはGMOインターネットグループが入居する。19年秋に完成する。

渋谷駅周辺では複数の大型再開発が同時進行している。今年9月には13年に地下化した東横線の線路跡地などに大型複合施設「渋谷ストリーム」がオープンした。23年度には渋谷駅の南側で「渋谷駅桜丘口地区」が完成。27年度には渋谷スクランブルスクエアの中央棟と西棟が開業する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]