技研製作所、オランダ企業と提携 土木工事の工法拡大

2018/11/15 19:44
保存
共有
印刷
その他

技研製作所は15日、同社のくい圧入工法の採用拡大に向けてオランダに本社を置く土木・基礎工事専門会社、デ・コーニング社と提携したと発表した。海外企業との提携は9月の米国の会社に続いて2例目。欧州市場での工法普及や機械販売を強化する。

オランダに本社を置く欧州子会社の技研ヨーロッパが10月31日付で提携した。圧入工法の案件調査や提案・営業を共同で展開する。施工の際には技術者を派遣し支援する。デ・コーニング社は堤防・護岸の補強、港湾改修工事などを設計段階から手掛けるほか、社内に施工部門もある。

土地が低く洪水リスクの高いオランダでは、運河護岸の改修や港湾の岸壁改修などで多額のインフラ投資計画がある。技研ヨーロッパは同国アルメーレ市にある圧入機のメンテナンス工場の拡張も進めており、機械販売のショールーム機能も持たせる。同国を起点に欧州市場の開拓を急ぐ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]