2019年4月23日(火)

プーチン氏、56年宣言「2島引き渡しの根拠明記なし」

2018/11/15 21:50
保存
共有
印刷
その他

【モスクワ=小川知世】ロシアのプーチン大統領は15日、平和条約締結後に歯舞群島と色丹島を日本に引き渡すとした1956年の日ソ共同宣言について「引き渡す根拠や、どちらの主権になるかは明記されていない」と述べた。安倍晋三首相とプーチン氏は14日の首脳会談で56年宣言を基礎に平和条約交渉を加速すると合意したが、2島先行返還の可能性を探る日本をけん制した。

会談する安倍首相(左)とロシアのプーチン大統領=14日、シンガポール(共同)

会談する安倍首相(左)とロシアのプーチン大統領=14日、シンガポール(共同)

シンガポールで記者団の質問に答えた。56年宣言には不明瞭な点が多いとし「本格的な検討が必要だ」と述べ、交渉には時間がかかるとの認識を示した。首相の交渉加速の提案には「取り組む用意がある」としたが「ロシア側には何の問題もない」と述べ、北方四島はロシアに属するとの立場を言明。主権問題で譲らない考えを示唆した。

プーチン氏は56年宣言をめぐる過去の経緯に触れ「日本側が履行を拒否した」と日本の責任で実現しなかったと強調した。長年にわたる領土問題の議論で、日本の方針転換にロシア側が応じているとの姿勢もにじませた。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報