イチロー フィールド

フォローする

言葉でたどるイチローの18年シーズン
スポーツライター 丹羽政善

(1/4ページ)
2018/11/20 6:30
保存
共有
印刷
その他

何を残すのか。それは必ずしも、数字である必要はない。アスリートの言葉もまた、いつか歴史上の貴重な証言となり、道しるべとなる。

そのことを強く意識するイチローは2018年、キャンプも半ばに差し掛かった3月7日に古巣マリナーズに復帰したが、5月3日に選手登録を外れた。その間、およそ2カ月。短い期間ではあったが、それでも多くの金言を残した。

イチローは6シーズンぶりにマリナーズに復帰した=共同

イチローは6シーズンぶりにマリナーズに復帰した=共同

イチローの18年シーズンを言葉でたどる。

3月7日、復帰記者会見。マリナーズのキャンプ施設に併設されている本球場のレストランに特設会見場が設けられ、イチローはそこへスーツ姿で現れると、喜びとともに複雑な思いを吐露した。

「いずれまたこのユニホームを着てプレーしたいという気持ちが心のどこかに常にあったんですけれど、それを自分から表現することはできませんでした。それは5年半前のことが常に頭にあったので、戻ってきてくれっていう言葉は僕の周りでたくさん聞いたんですけれども、それを僕は聞き流すことしかできなかったんですね。でも、こういう形でまたこのシアトルのユニホームを着てプレーする機会をいただいたこと、01年にメジャーリーグでプレーすることが決まったときとは全く違う感情が生まれました。とてもハッピーです」

12年7月、イチローはヤンキースにトレードで移籍した。あのとき、トレードを求めたのはイチローだった。故に、自分からは戻りたいとは言えなかった。こんなひと言も漏らしている。

「僕にはホームなのにホームでない。近いのにすごく遠く感じる存在になっていた。そこにある、当たり前のようにあったものは、まったくそうではない、特別なものであったことを、この5年半で感じています」

5年半で「耐性が強くなった」

では、その5年半でイチローはどう変わったのか。イチローは「耐性が強くなった」と言って続けた。

「いろいろなことを経験しました、この5年半。いろいろなことに耐える能力が明らかに強くなったと感じています。選手としての能力に関しては、今はそれが数字でわかる時代なのでみなさんの方がよくご存じだと思いますけれど、その点で明らかに5年前とは違うといえると思います」

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

大リーグコラム

電子版トップスポーツトップ

イチロー フィールド 一覧

フォローする
イチローウイークエンドで配られたイチロー人形

 9月14日午後5時49分、ホームの白いユニホームをまとったイチローが一塁側のダグアウトから姿を見せると、球場全体が大きな歓声に包まれた。
 2分後、ダグアウトに控えていたチームメイトらが全員出てきて、 …続き (9/16)

試合に備えた全体練習が始まる前、バットを手にゴードンと話すイチロー(右)

 ユニホームのパンツ、紺のアンダーシャツ姿のイチロー(マリナーズ会長付特別補佐)が、グローブを持ってフィールドに出てくるのは通常、午後1時半すぎ。客席には人ひとりおらず、売店の店員らがぽつりぽつりと姿 …続き (8/5)

1日の試合途中、ファンの声援にベンチから手を上げて応えるマリナーズのイチローさん=共同共同

 5月3日、ワシントン州タコマ。途中、事故渋滞にはまって、自宅から3Aのタコマ・レーニアズが本拠地とするチェイニー・スタジアムまで2時間近くかかった。午後3時過ぎ、ようやく球場に到着してざっとあたりを …続き (5/13)

ハイライト・スポーツ

[PR]