/

この記事は会員限定です

不正対策でカード9社連携、7割増で危機感 仮想通貨技術で年度内

[有料会員限定]

ジェーシービー(JCB)などクレジットカード大手9社が年度内にも、ブロックチェーン(分散型台帳)技術を使った新たな不正防止システムを稼働させる。情報が漏洩しにくい特性を生かし、個人情報を含んだ詳細な手口情報を瞬時に共有できるようにする。仮想通貨の基礎技術として生まれたブロックチェーンがセキュリティー分野で実用段階に入る。

参加するのはJCB、三井住友カード、クレディセゾン、イオンクレジットサービス、トヨタファイ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り620文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン