/

この記事は会員限定です

染色・織物の港屋 事業構造転換で繊維不況克服

(老舗の研究 持続の秘訣)

[有料会員限定]

新潟県有数の織物産地、長岡市栃尾地域にある染色・織物の港屋。安価な中国製品の流入などで地盤沈下が続く国内の繊維業界の中で、生き残りをかけて同社は技術を磨き奮闘してきた。

銅線を織り込んだ生地を使い、殺菌用マスクや農産物の鳥獣被害を防ぐ電気柵の効果を高める導電シートなどを開発した。7代目の星野善彦社長は、ウエアラブルの分野への用途開拓を探っている。「衣料のデフレが進む中、利益を稼ぐには付加価値が重要...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り936文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン