/

この記事は会員限定です

「宇宙旅行の空港」構想で新組織 ANAや丸紅が連携

[有料会員限定]

ANAホールディングス(HD)や丸紅などが民間宇宙旅行の実現を後押しするため、宇宙船の発着基地の国内開設を目指す新組織を設立した。飛行機型の宇宙船の発着に必要な滑走路を持つ基地を2021年にも開設することを目指す。米国ではすでに約10カ所の商業用の基地があり、民間主導の宇宙ビジネス競争に立ち遅れない体制作りを目指す。

新組織は一般社団法人「スペースポート・ジャパン」(SPJ、東京・港)で16日に活動を始める。代表理事には宇...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り853文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン