/

この記事は会員限定です

英米の通商協定、金融規制の一致が重要

英王立国際問題研究所フェロー マリアンヌ・ペッツィンガー氏

[有料会員限定]

――米英の通商関係はどうなるでしょうか。

「英国が欧州連合(EU)から離脱しないと、第三国と自由貿易協定(FTA)は結べないので、まずはその交渉の結果が重要だ。そのうえで(両国首脳が推進する)米国との貿易協定では関税だけでなく規制や基準の議論も大事になる。特に重要なのは(両国が強みを持つ)金融サービスだ。同分野で互いの市場参入の活性化や危機を防ぐための同等のルールづくりなど規制面で一致することが重...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り469文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン