青森銀とみちのく銀、商談会を初の共同開催 香港で

2018/11/15 22:00
保存
共有
印刷
その他

青森銀行みちのく銀行は2019年1月、香港で青森県内の食品関連事業者を支援する輸出商談会を初めて共同で主催する。両行ともこれまでは、取引先を支援する商談会を個別に開いてきた。共催することで経費の節約につなげるとともに、両行のネットワークを活用して取引先のマッチングの機会を増やして販路開拓につなげることを目指す。

商談会に併せて、現地の和食レストランで青森県産食材を使用したメニューを提供し、PRする。香港は日本の農林水産物・食品の輸出相手先の1位で、日本料理店も多く、スーパーにも日本製品が多く並ぶ。リンゴの輸出も増えている。

県などが主催する商談会に両行は協力してきた。香港企業との取引は県内事業者にとり、事業拡大のきっかけになる。主催者の形で2行が協力して青森県経済の活性化につなげる。開催にあたっては県と県観光連盟が協力する。

両行とも日銀のマイナス金利政策などの影響で、資金利益を出しにくくなっている。このため、コンサルティング業務の強化や創業支援などを通じて地域経済を活性化するとともに、自行の業績向上につなげることも目指している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]