/

この記事は会員限定です

JPXの清田CEO 総合取引所「19年春までに結論」

海外マネーを誘致、東商取の信用力向上

[有料会員限定]

日本取引所グループ(JPX)と東京商品取引所が、株式と商品先物を1つの取引所で売買できる「総合取引所」に向けた協議に入った。JPXの清田瞭最高経営責任者(CEO)と東商取の浜田隆道社長はそれぞれ日本経済新聞の取材に応じた。清田氏は「2019年3月頃までに一定の方向性を出せれば」と述べ、協議を急ぐ方針を示した。東商取の浜田氏は「合併はない」として、統合メリットを精査する考えだ。主なやり取りは以下の通り。

JPXの清田瞭...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り713文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン