元福銀頭取の佃氏死去 福岡・大濠公園の池で転落か

2018/11/15 15:38
保存
共有
印刷
その他

福岡県警中央署は15日、福岡市中央区の大濠公園内の池で、元福岡銀行頭取の佃亮二氏(87)の遺体が発見されたと発表した。同署によると、頭部に打った跡があったほかは目立った外傷はなく、散歩中に池に転落した可能性が高いとみて捜査している。

佃亮二・福岡銀元頭取

署によると、15日午前5時20分ごろ、公園内を散歩していた女性が歩道上で靴を見つけ、池にうつぶせに浮いている佃氏を発見。市内の病院に搬送されたが1時間半後に死亡が確認された。家族によると、毎朝の散歩を習慣にしていたという。

佃氏は1955年に東京大法学部を卒業後、日銀に入行。理事などを経て89年に福銀の副頭取に就いた。91年から2000年まで頭取を務め、会長、相談役を経て11年に退任した。

連絡先は同行広報室。告別式は近親者で行う。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]