官民連携で空き家対策、先進地目指す 山形・上山市
とうほく地方創生 気になる現場

2018/11/15 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

空き家が社会問題となるなか、山形県上山市が官民が協力して対策を始めている。空き家バンクを始めたのは2016年など取り組み自体は後発だが、地元不動産業界や大学と相次ぎ連携。ネットワークを生かして成果をあげ、対策先進地を目指している。

「初めはよくある事例かと思っていたが、話を聞くうちにおもしろくなってきた」と興奮気味に語るのは、明海大学(千葉県浦安市)の小杉学准教授。上山市は8月、全国でも珍しい不…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]