進化するマネーボール

フォローする

勝利はお金で買えるか 「適正年俸」を考える
野球データアナリスト 岡田友輔

(1/2ページ)
2018/11/18 6:30
保存
共有
印刷
その他

プロ野球は日本シリーズが終わり、ストーブリーグが本格化する。複数の有力選手がフリーエージェント(FA)宣言したこのオフは熱い争奪戦が繰り広げられ、大型契約が結ばれるだろう。しかし低年俸の選手が大活躍することもあれば、その逆も起こるのがプロ野球だ。今回は投資と勝利の関係について考えてみたい。

ソフトバンクは2年連続9度目の日本一に輝いた

ソフトバンクは2年連続9度目の日本一に輝いた

まずは2002~18年における12球団の勝率と推定年俸を調べてみた。大まかな結論としては「お金をかけるほどチームは強くなる」という考え方は大筋で正しいということだ。05年の参入以来、最も多くの投資をしてきたソフトバンクは勝率でもトップに立っている。それに迫る水準の年俸を払ってきた巨人は勝率も2位だ。上位2球団とは差があるものの、年俸3位の阪神も勝率で4位につけている。

それなりに差がある費用対効果

とはいえ、年俸と勝率は完全に比例するわけでもない。最低レベルの年俸で最強チームをつくることはできなくても、費用対効果にはそれなりに差がある。効率的な投資をしているのは西武で、年俸では5位ながら勝率は3位だ。日本ハムも年俸額から予想される期待勝率を大きく上回り、広島はもっとも少額の投資なのに勝率では7位につけている。一方、オリックスは年俸では9位だが勝率は最下位と元を取れていない。

やりくりのうまい球団はFA前の選手を中心にチームを編成している。FA市場に出ていない選手は「未公開株」のようなものだ。需給バランスで価格が決まる「上場株」に比べれば概して割安になると考えていい。西武、日本ハム、広島がFAやポスティングで専ら選手を「供給する側」にいるのは、こうした現実を反映している。

それでは選手の働きに基づいた「適正価格」についてはどのように考えればいいだろうか。役に立つのはこれまでにも紹介した「WAR(Wins Above Replacement)」という概念だ。野手であれば走攻守、投手であれば投球を得点価値に換算し、その選手が試合に出ることで、控えレベルが起用された場合に比べてどれほどの勝利を上積みしたかを測る数字だ。

柳田は今季、推定年俸以上の働きをした計算になる=共同

柳田は今季、推定年俸以上の働きをした計算になる=共同

細かい計算は省略するが、控え選手の年俸を1軍規定下限の1500万円程度と仮定したうえで現在の総年俸を当てはめると、1勝をもたらす「1WAR」あたりの値段は約1億円になる。今季、球界最高の8.9WAR(算出はDELTA。以下同じ)を記録した柳田悠岐(ソフトバンク)なら約9億円、7.6WARの菅野智之(巨人)なら8億円弱の働きをしたことになる。推定年俸は柳田が5億5000万円、菅野が4億5000万円と既に球界トップクラスだが、チームにすればそれでもお釣りがくるほどだった。

しかし株式市場と同様、こうした年俸の"理論値"がそのまま実際の取引価格になるわけではない。契約には有形無形の多くの要素が絡む。安打1本、アウト1つの価値が試合の局面によって変わるのと同じように、0.5ゲーム差で優勝を逃したチームにとって1勝の重みは、最下位チームとは比較にならない。どうしても必要な勝利のためであれば、適正価格以上の投資をすべきときもあるだろう。

  • 1
  • 2
  • 次へ

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

プロ野球コラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

進化するマネーボール 一覧

フォローする
史上最強打者の一人、王に対する敬遠のリスクとリターンは…=共同共同

 前回の送りバントに続き、今回は守備側の作戦である「敬遠」について考えてみたい。無条件で出塁を差し出すのは果たして割に合っているのか。
 得点圏に走者を背負い、打席には強打者。一塁が空いていれば敬遠は有 …続き (3/8)

送りバントは多くの場合、得点期待値も得点確率も下げてしまう=共同共同

 初回、先頭打者が出塁して2番打者。ここで送りバントのサインが出れば、解説者は決まってこう言うだろう。「手堅いですね」。しかし統計からみると、これは正確とはいいがたい。
 まずは2014~18年の日本の …続き (1/14)

MVPを受賞し、笑顔で握手を交わす巨人・坂本勇(左)と西武・森。ともに圧倒的な得票だった=共同共同

 2019年のプロ野球最優秀選手(MVP)はセ・リーグが巨人の坂本勇人内野手、パ・リーグは西武の森友哉捕手が選ばれた。攻守の要としてチームをリーグ優勝に導いた2人の活躍はMVPにふさわしい。しかし、選 …続き (2019/12/1)

ハイライト・スポーツ

[PR]