最後の「原器」に幕 キログラムはなぜ変わる
科学記者の目 編集委員 小玉祥司

2018/11/17 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

質量や長さなど計量単位の基準を決める国際度量衡総会がパリで開かれ、新しい質量の基準を採用することが16日に正式に決まった。これまで「キログラム原器」という特別な分銅を基準にしていたが、これからは相対性理論を応用して光のエネルギーから決める。新たな基準が決まったことで、130年前から使われてきた最後の「原器」が歴史的な役割を終える。

新しい質量の基準では、波長633ナノ(ナノは10億分の1)メート…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]