2018年12月10日(月)

EU、英離脱案「重大な一歩」 月内首脳会談にメド

Brexit
ヨーロッパ
2018/11/15 8:13
保存
共有
印刷
その他

【ブリュッセル=森本学】欧州連合(EU)で英離脱交渉チームを率いるバルニエ首席交渉官は14日夜、緊急記者会見を開いた。メイ英政権が同日、EUからの離脱協定案を閣議で承認したことについて、無秩序な離脱回避に向けた「重大な一歩だ」と歓迎した。バルニエ氏は15日、EUのトゥスク大統領と会談し、交渉の進展を報告。離脱協定案を首脳レベルで正式決定するため、月内に緊急首脳会議を開くよう勧告する見通しだ。

英の離脱協定案を示すEUのバルニエ首席交渉官=ロイター

英の離脱協定案を示すEUのバルニエ首席交渉官=ロイター

バルニエ氏は英側の閣議了承を待ち構えていたかのように、メイ首相の記者会見の終了から1時間足らずで記者会見室に登場。585ページに及ぶ分厚い離脱協定案を手に「交渉は重要な瞬間を迎えた」と記者団へ成果を強調した。

トゥスク氏はこれまで交渉官レベルの離脱交渉で大きな進展があれば、即座に緊急首脳会議を開く構えをみせていた。EU側はメイ英首相が14日の閣議で、閣内の慎重派や反対派を抑えて離脱協定案の承認を取り付けたことを評価。EUは19日にも英を除く27加盟国の閣僚会合を開き、緊急首脳会議の準備を急ぐ。25日に開催する案が浮上している。

英国とEUの政府間での離脱協定案の合意へ大きく前進したのを受け、今後は英議会で離脱協定案の承認を得られるかが焦点となる。3月29日の英国離脱に英国とEUの双方の議会承認が間に合わなければ、法的な取り決めのないまま英国が離脱を迎え、経済や国民生活が大きく混乱する懸念がある。

しかし英議会の承認を得るためのハードルは高い。英国が離脱後もEUの規制やルールに縛られかねないと反発する強硬離脱派が英与党内には多く、閣外協力する地域政党の民主統一党も協定案への懸念をあらわにしているためだ。バルニエ氏は14日「英国政府は今夜、責任を果たした。英EU双方のすべての人々が自分の責任を果たすべきだ」と述べ、英議会に無秩序な離脱の回避を呼びかけた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報