/

この記事は会員限定です

2島先行も選択肢、日ロ領土交渉 4島帰属が焦点

[有料会員限定]

【シンガポール=田島如生】北方領土を巡る交渉が新たな動きをみせた。安倍晋三首相はロシアのプーチン大統領との会談後、1956年の日ソ共同宣言を基礎に平和条約交渉を進めていく考えを示した。宣言には平和条約締結後の歯舞群島と色丹島の引き渡しが書かれており、2島先行返還が選択肢となる可能性もある。日ロ両国ともに国内世論がどう動くかが交渉を左右するカギとなる。

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り806文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン