/

この記事は会員限定です

あきたこまち先物、実りまだ先 農家の参加遅れ気味

大阪経済部 山本修平

[有料会員限定]

コメ先物を上場する大阪堂島商品取引所が秋田県産「あきたこまち」を上場して1カ月。10月22日の上場初日は238枚の取引が成立したが、その後は伸び悩み、1日平均の売買高は140枚前後にとどまる。先行きの厳しさを示しているようにみえるが、活性化に向けた課題も明確になってきた。

「あきたこまち先物は個人として活用しています」と話すのはJA大潟村(秋田県大潟村)の小林肇代表理事組合長。先物相場が「採算に合...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1066文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン