2019年4月23日(火)

ガルーダ・インドネシア航空、国内線3位を実質吸収

2018/11/14 22:00
保存
共有
印刷
その他

【シンガポール=鈴木淳】インドネシア国営のガルーダ・インドネシア航空は14日、国内線3位のスリウィジャヤ航空グループの経営に乗り出すと発表した。ガルーダが実質的にスリウィジャヤを吸収して一体で運航する。ガルーダは将来の買収もあり得るとしていて、国内線首位のライオン航空グループを追い上げる。

ガルーダの格安航空会社(LCC)子会社シティリンクなどからスリウィジャヤに経営陣を含む人材を送って同社の経営に乗り出す。ガルーダは提携の狙いについて「スリウィジャヤの運航効率と財務効率を改善するため」として、両社の手続きが終わり次第、経営への関与を始める。

航空関連のシンクタンクCAPAによると、インドネシア国内線では首位のライオン航空グループが51%のシェアを持ち、ガルーダが33%、スリウィジャヤが13%で続く。ガルーダとスリウィジャヤが組めば、ライオンに肉薄する。

1万7千の島からなるインドネシアでは経済成長に伴い航空需要が急増している。CAPAによると、国内線需要は17年に9700万人と、05年から3倍に急増した。一方で、2000年代に入り規制緩和で航空会社の数が急増して、競争が激化していた。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報