香川県 新県立体育館の設計、SANAA事務所に発注

2018/11/15 7:05
保存
共有
印刷
その他

香川県は14日、高松市臨海エリアの再開発地区「サンポート高松」に建設する新香川県立体育館の設計を、SANAA(サナア)事務所に発注し、契約を結んだ。同事務所は6月、公募型プロポーザルで最優秀者となっていた。

契約期間は2021年1月29日まで。21年度から建設に着手し、23年度の開設を目指す。新しい体育館は最大1万席以上のメーンアリーナを擁する大きな施設で、高松市の新しいランドマークになりそうだ。

予定工事費は170億~190億円。6月以降、費用をこの範囲に抑えるよう念入りに確認したうえで契約したという。設計がコスト要件を満たすかどうかなどについて、外部の専門家によるチェックを取り入れることを検討している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]