エコノス 18年4~9月期、最終赤字幅縮める

2018/11/14 22:00
保存
共有
印刷
その他

環境関連事業のエコノスが14日発表した2018年4~9月期の連結決算は、最終赤字が2300万円(前年同期は5900万円の赤字)となった。営業損益は2200万円の黒字(同3300万円の赤字)だった。インターネット通販など不採算事業から撤退して合理化を進め、損益の改善を進めた。

売上高は1%減の18億円。北海道で9月に発生した地震と広域停電に伴う「ブックオフ」などリユース店舗の休業が響いた。二酸化炭素(CO2)排出量取引の仲介事業は好調で、売上高は8600万円と前年同期から倍増した。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]