2019年4月20日(土)

会津の13市町村、木質ボイラー最大100機導入

2018/11/14 21:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

福島県の喜多方市、会津若松市など会津地方の13市町村は連携し、地元産の木材をボイラー燃料として活用する。公営温浴施設などの給湯を石油燃料から木質バイオマスに段階的に切り替える。小中学校への小型設備の導入も含め、10年で最大100機の木質バイオマスボイラーの整備を目指す。林業を活性化し山地の荒廃を防ぐのが狙い。

喜多方市の「蔵の湯」のほか北塩原村、会津美里町にある計3つの温浴施設や温水プールを対象…

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報