大阪IR、会議場は5000人以上の規模検討 府市の有識者会議

2018/11/14 18:31
保存
共有
印刷
その他

カジノを含む統合型リゾート(IR)誘致を目指す大阪府・市は14日、有識者によるIR推進会議を開き、IRに設置する国際会議場の規模を5000人以上(最大会議室の収容人数)で検討することなどを議論した。大阪最大の府立国際会議場の2700人を上回り、アジアの国際会議場で上位5位と並ぶ規模。国際会議などMICEを集客の一つの柱とする。

大阪府市のIR推進会議で議論する有識者ら(14日、大阪府庁)

国はIRが備えるべき施設として国際会議場、展示場、観光の魅力増進施設、観光情報を発信する送客施設、宿泊施設、レストランやモールなどのその他施設の6つを示している。同会議は大阪につくるIRのあり方を検討し、事業者選定や整備計画づくりに反映する。

同日の会議では展示場の規模についても委員らから「(国内最大の東京ビッグサイト級の)10万平方メートル以上を目安に検討すべきだ」との意見が出た。宿泊施設では海外の主要IRの総客室数が平均2500室、スイートルームの比率が19%であることが示され、「幅広い集客を考えてスイートルーム数や客室面積の基準は柔軟に考えるべきだ」との指摘があった。

会議では9月に上陸した台風21号の被害を受けて、府市がIR予定地である夢洲の防災対策について報告。予定地の地盤は現状で大阪湾の最低潮位面から11メートルの高さにあり、地盤沈下を見込んだ50年後にも9.1メートルを維持する。満潮時に想定される津波の高さ5.4メートルや高潮の予測高さ5.2メートルを上回っているという。21号の際の最高潮位も4.59メートルだった。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]