/

この記事は会員限定です

漁業改革は企業を呼び込めるか

編集委員 志田富雄

[有料会員限定]

政府は、養殖を中心にした沿岸漁業に企業などが新規参入しやすいように規制を緩和し、資源保護を徹底するための漁業改革法案を国会に提出した。農業に比べ、漁業分野への企業進出は遅れている。企業の経営ノウハウや技術力を生かし、規模拡大を進められるかどうかが日本の水産業復活のカギを握る。

改革の最大の目玉は、安倍晋三首相が施政方針演説でも強調した70年ぶりとなる漁業法の抜本改正だ。半世紀以上も放置されてきた漁...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2252文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン