2018年12月19日(水)

アマゾン「損して得取る」 政治圧力で賃上げ
真相深層

ネット・IT
小売り・外食
北米
2018/11/15 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米アマゾン・ドット・コムは11月、米国で最低賃金を時給15ドル(約1700円)に引き上げた。最高益更新を続ける同社には「利益を従業員や社会に還元していない」との批判が絶えなかった。ジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)は「耳を傾けた」と一見殊勝だが、米国の失業率は歴史的低水準にあり人材を奪い合っている。競合する小売業は労働力でも「アマゾン・エフェクト」に直面しそうだ。

10月中旬、米東部ニュージ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報