名古屋港で車輸送船の防災訓練 トヨフジ海運

2018/11/14 20:10
保存
共有
印刷
その他

トヨタ自動車グループで自動車搬送を手がけるトヨフジ海運は14日、同社の内航船「豊昇丸」を使った防災訓練を愛知県東海市の名古屋港の岸壁で実施した。名古屋海上保安部や同市消防本部とも連携。南海トラフ地震を想定した津波発生時の緊急出港や、負傷者の搬送などを訓練した。

船上で負傷した乗組員をヘリコプターで救助する訓練に取り組む海保の職員(14日、愛知県東海市)

同社によると、トヨタは国内の工場で製造した車のうち約8割を船で運んでいる。高橋徳行社長は「北海道地震や台風によって日本各地で甚大な被害を受けた。訓練を通じて、自然災害の被害を最小限に抑えたい」と話した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]