/

カルテ、医師証言なし和解、名古屋のC型肝炎訴訟の女性

血液製剤フィブリノゲンの投与でC型肝炎になったとして、愛知県小牧市の女性の遺族が国に損害賠償を求めた訴訟は14日、名古屋地裁(末吉幹和裁判長)で和解が成立した。給付金4千万円を支払う。投与を示すカルテはなく、医師の証言による裏付けも得られなかったが、国は女性の容体などから投与があったと判断したとみられる。

原告側の代理人弁護士によると、カルテがないため薬害C型肝炎救済法の対象外とされ、投与も立証できない患者は多い。各地で約750人の患者や遺族が係争中で、担当医の証言などが得られて和解に至ったのは約30人にとどまる。

女性は1971年、出産の際に手術を受け、約4500ミリリットルの出血があった。フィブリノゲン投与でC型肝炎を患ったとして国を提訴したが、2014年に肝硬変で死亡した。当時のカルテは残っておらず、手術に関わった医師3人のうち2人は死亡、残る1人からは証言を得られなかった。代理人弁護士は「医師の証言がなくても和解する流れが広がるよう期待している」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン