/

この記事は会員限定です

「米国第一」と世界(3)ロシア介入の捜査が焦点~トランプ氏の対ロ政策実行力に疑念

アンドレイ・コルトゥノフ・ロシア国際問題評議会会長

[有料会員限定]

――中間選挙の結果が米ロ関係に与える影響をどうみるか。

「2~3カ月前に予想されたような民主党の大勝とはならなかった。民主党は2016年の大統領選で負けた後、新たな指導者やビジョンを示せていないからだ。『大統領選がロシアの介入により盗まれた』と主張するだけでは支持を広げられない」

「ロシアにとって唯一の好材料は選挙が終わり16年の米大統領選へのロシアの介入問題への関心が薄れることだ。民主党が多数を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り844文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン