「米国第一」と世界(3)ロシア介入の捜査が焦点~トランプ氏の対ロ政策実行力に疑念
アンドレイ・コルトゥノフ・ロシア国際問題評議会会長

2018/11/14 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

――中間選挙の結果が米ロ関係に与える影響をどうみるか。

「2~3カ月前に予想されたような民主党の大勝とはならなかった。民主党は2016年の大統領選で負けた後、新たな指導者やビジョンを示せていないからだ。『大統領選がロシアの介入により盗まれた』と主張するだけでは支持を広げられない」

「ロシアにとって唯一の好材料は選挙が終わり16年の米大統領選へのロシアの介入問題への関心が薄れることだ。民主党が多数…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]