/

この記事は会員限定です

重要法案、窮屈な審議日程 短期国会は折り返し地点

[有料会員限定]

国会は衆院の多くの委員会で、新閣僚が政策の基本方針を示す所信の聴取とそれに対する質疑を終えた。12月10日までの会期は半分近くを終え、ようやく重要法案の審議が本格化する。多くの法案と新閣僚が集中する内閣委や、今国会最大の対決法案である出入国管理法改正案を抱える法務委などは窮屈な日程での審議が迫られている。

安倍晋三首相は14日からシンガポールなど3カ国を訪問しており、18日に帰国する。30日~12...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り976文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン