/

この記事は会員限定です

ファナック、浮上した新たな中国リスク

証券部 寺井伸太郎

[有料会員限定]

米中貿易摩擦などに揺さぶられるファナックに、新たな「中国リスク」が浮上している。地元企業からの申し立てを受け、中国当局が日本や台湾の工作機械メーカーへの反不当廉売(ダンピング)調査を10月中旬に始めた。中国当局の意図は不透明な面もあるが、一部のアナリストは主な標的は製品の競争力が高いファナックの可能性があると懸念を強める。現時点では調査の影響は限定的との見方が大勢だが、展開次第では年初来で約3割...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1310文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン