/

この記事は会員限定です

迫る多死社会 死は皆で悼む都市の日常になる

ポスト平成の未来学

[有料会員限定]

高齢化社会の先に待つ「多死社会」。大都市では墓地や火葬場の不足は避けられず死を悼む行為そのものが大きな負担となりかねない。日常と折り合いをつけながら大切な人たちを身近に悼み続けることはできないのか。私(48)は都市における新しい悼み方を探る人たちを訪ねてみた。

まず向かったのは東京・牛込柳町、神楽坂近くの幸国寺だ。都内で納骨堂は増えているが、ここの「琉璃(るり)殿」は一風変わっている。

「仏教で特...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2702文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン