/

キューサイ、AI活用した通販番組 電話件数27.6%増

日経クロステック

健康食品を手掛けるキューサイ(福岡市)は2018年11月13日、人工知能(AI)を活用することでテレビショッピング番組放送後の問い合わせ電話件数を27.6%増加させることに成功したと発表した。AIの活用については、NTTデータとNTTデータ経営研究所の協力を得た。

キューサイとNTTデータグループが進めた取り組みはこうだ。まずキューサイが12~18年に放送した番組の映像と、それらに対する顧客の問い合わせ件数を基に、機械学習によって予測モデルを構築した。この予測モデルは、番組の映像を入力するとその番組を放映した際の問い合わせ件数を予測するものだ。

次に商品の説明順序などを変えた数千通りの番組構成案を機械的に生成。これらの構成案を予測モデルに入力し、最も問い合わせ件数が高くなると思われる番組構成案を導き出した。構成案通りに番組を制作して放送したところ、問い合わせ件数が通常時に比べて高まったという。

AIを活用して制作した番組と比較したのは、同時期に同じ放送局から放送したキューサイの2つのテレビショッピング番組。この2番組と比べ、AIを活用した番組は問い合わせ件数が平均で27.6%多かった。

今回の結果に基づき、キューサイは今後も番組や広告の制作にAIを活用するという。

(日経 xTECH 矢口竜太郎)

[日経 xTECH 2018年11月13日掲載]

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン