2018年12月17日(月)

盗んだカード情報で不正トラベル ネット詐欺被害急増

ネット・IT
コラム(テクノロジー)
フィンテック
科学&新技術
2018/12/7 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「不正トラベル」と呼ばれるネット詐欺の被害が急増している。産官学連携のサイバー犯罪対策組織である日本サイバー犯罪対策センター(JC3)によると、2017年の被害額は50億円以上になるという。不正トラベルとは、フィッシング詐欺やウイルス(マルウエア)などを使って盗んだ他人のクレジットカード情報を悪用するネット詐欺の一種。旅行をしたいと考えている第三者(以下、旅行者)を巻き込むのが特徴だ。

■ターゲッ

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経BPの関連記事

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報