2019年6月24日(月)

25万人分の個人情報売りに 英航空大手から流出

2018/11/14 10:39
保存
共有
印刷
その他

【ロンドン=共同】英紙デーリー・テレグラフ電子版は13日、ハッカーによる不正アクセスにより英航空大手ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)のウェブサイトから流出した約25万人分の個人情報が、ネット上で売りに出されていることが分かったと報じた。

サイバーセキュリティー専門会社によると、流出したカード情報が1件当たり9~50ドル(1000~5700円)で売りに出されており、総額は最大で1220万ドルに当たる可能性がある。

ハッカーはロシア関連の組織で2015年から活動。これまでも、有力企業のサイトから不正に取得した顧客のカード情報などを売りに出して利益をあげているという。

BAのサイトからは今年8月21日から9月5日の間に、顧客24万4千人分の個人情報や不正利用を防ぐためのセキュリティーコードなどが流出した。

BAの広報担当者は、流出した個人情報が不正利用されたと確認された例はないとしている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報