/

クスリのアオキ500店 1年あまりで100店増

クスリのアオキは積極出店を継続する(金沢市内の既存店舗)

クスリのアオキホールディングスは福井県越前市や群馬県渋川市などでドラッグストア5店舗を14日に開業し、店舗数が500店の大台を突破すると発表した。同社は昨年9月に400店舗に到達し、1年あまりで100店増やしたことになる。2019年5月期は80店を出す計画で、積極出店を継続する。

14日時点の店舗数は501店となり、越前市の「吉野店」を同社としての500店目と設定した。店舗面積が約1500平方メートルの大型店で、日用品や医薬品に加えて総菜や精肉、鮮魚など食品の品ぞろえを充実させる。

北陸では九州を地盤とするコスモス薬品が石川県や富山県で相次ぎ大型店の出店計画を打ち出しているほか、ゲンキーも石川県で店舗を増やす方針。アオキは関東や東海、近畿での展開を強化しており、9月には初めて千葉県への出店を果たした。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン