/

この記事は会員限定です

「来訪神」どう次世代に 無形遺産勧告も担い手不足

[有料会員限定]

国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録される見通しの「来訪神 仮面・仮装の神々」。地元では「世界に認められた」と喜びの声が上がる一方、多くの地域が過疎や高齢化による担い手不足に直面する。地域を結ぶ厳かな神事を次代にどう守り継ぐか、模索が続いている。

沖縄県宮古島市の島尻と野原(のばる)の両集落に伝わる伝統行事の「パーントゥ」。島尻自治会の宮良保会長(59)は「集落とともに何百年も前か...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1131文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン