2018年12月11日(火)

連続強姦の男に無期懲役 津地裁「件数突出し悪質」

中部
社会
2018/11/13 19:15
保存
共有
印刷
その他

三重県内で計15人の女性に暴行したとして、強姦致傷や強姦などの罪に問われた元ホンダ鈴鹿製作所社員、原田義人被告(46)の裁判員裁判で、津地裁は13日、求刑通り無期懲役の判決を言い渡した。津地検によると、強姦致傷罪の裁判員裁判で無期懲役判決は初。

判決理由で田中伸一裁判長は「事件数が類を見ず突出している上、各事件の犯情も特に悪質」と指摘。「同種事案の裁判員裁判で言い渡された中で最も重い懲役30年となった事案と比べても、一段と重い位置付けをするほかない」と述べた。

弁護側は「被告は会社を懲戒解雇されるなど社会的制裁を受けている」と懲役12年が妥当と主張したが、田中裁判長は「被告が甘受すべきものであって量刑を左右するものとは言えない」と退けた。

判決などによると、原田被告は2010年1月~17年6月、三重県鈴鹿市や四日市市で、被害者宅に侵入するなどして、当時17~42歳の女性15人に刃物を突き付けて脅し、暴行した。うち3人には、手などに約1週間のけがを負わせた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報