/

この記事は会員限定です

米、「ハイテク鎖国」に走る 産業スパイ摘発続く

米中衝突 深まる断層(2)

[有料会員限定]

8月、米ニューヨーク州ニスカユナの閑静な住宅街に米連邦捜査局(FBI)が踏み込んだ。屈強な捜査官に抱えられて出てきた男の名前は鄭小清。米ゼネラル・エレクトリック(GE)の原発関連技術などを盗んだ容疑だった。

トランプ政権発足後、全米各地で複数の中国系技術者が産業スパイ容疑で逮捕されている。彼らには共通点がある。中国共産党中央組織部の海外高度人材招致プログラム「千人計画」の認定を受けていることだ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1222文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン