小麦、国際価格が上昇 米産地の降雪で

2018/11/13 18:59
保存
共有
印刷
その他

小麦の国際価格が上昇した。指標となる米シカゴ先物(期近)は日本時間13日夕の時間外取引で1ブッシェル5.2ドル前後で推移。直近安値の10月下旬と比べて6%高い。

現在は2019年産の作付け期。米南部の産地で降雪があり、作況が悪化するとの懸念から投機筋の買いが優勢となった。主要輸出国のオーストラリアの減産見通しも意識された。

市場関係者からは「先週売り持ちが膨らんだため、買い戻しの動きが活発だった」(伊藤忠商事傘下の食料マネジメントサポートの服部秀城本部長)との指摘があった。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]