/

アニメカードを複製容疑 男逮捕、千枚超販売か

秋田県警は13日、アニメ「ドラゴンボール」のキャラクターが印刷されたカードを無断で複製し販売したとして、著作権法違反の疑いで、県内の会社員の男(19)を逮捕した。県警は男が同様に複製したカードを千枚以上販売、百数十万円を売り上げていたとみて裏付け捜査を進めている。

押収されたパソコンやプリンター、カードなど(秋田県警提供)=共同

逮捕容疑は、1月ごろ、デジタルキッズカードゲーム「ドラゴンボールヒーローズ」で使うカードを複製し、インターネットオークションなどで、県内の30代男性2人に計8枚を計6900円で販売した疑い。

2月に鹿角署員がサイバーパトロールで発見。著作権者の東映アニメーションが県警に告訴状を提出していた。京都府警と捜査していた。

カードの販売元のバンダイによると、カードは子供向けだが、初期のアニメが放送されていたころの世代である30~40代などにも人気があるという。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン