/

この記事は会員限定です

自民、憲法審開会へ打開めざす 下村氏、幹事を辞退

[有料会員限定]

自民党は臨時国会中の衆院憲法審査会で、憲法9条など4項目の条文案の提示をめざすが見通しは立っていない。憲法審開会にこぎつけようと野党への歩み寄りに懸命だ。野党6党派は13日、自民党憲法改正推進本部長の下村博文氏が憲法審に応じない野党を「職場放棄」と批判したことに反発。下村氏は内定していた憲法審幹事を辞退し、事態の打開を急ぐ。

野党第1党の立憲民主党はもともと憲法審の開会自体に消極姿勢だ。下村氏が9...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1351文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン