9/25 7:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 企業統治の根幹に疑義 議決権不適切集計[有料会員限定]
  2. 2位: 住友不動産、「丸の内」に劣らぬビル賃貸の稼ぐ力[有料会員限定]
  3. 3位: NYダウ小反発52ドル高 ハイテク株上昇、景気懸念は重荷
  4. 4位: 金融庁総合政策局長「顧客本位の業務運営、定着道半ば」[有料会員限定]
  5. 5位: 米株安横目、粘る日本株 「3低」バネに伸びしろ期待[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,087.82 -258.67
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
22,920 -270

[PR]

記者の目

フォローする

猶予2年の第一三共、市場が迫る抜本策
証券部 阿部真也

2018/11/14 5:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

第一三共が主力薬の特許切れによって収益が落ち込むパテントクリフ(特許の崖)に苦しんでいる。10月末に中期経営計画の見直しを発表。最終年度の2021年3月期の業績目標を大幅に下方修正して、もともとの目標達成を2年先送りした。達成に向けて抗がん剤の新薬投資の加速を打ち出したが、市場は成否が不透明な開発よりも国内偏重の営業体制の見直しを催促している。

「約束した目標が未達となることを大変重く受け止めて…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム