将来の原油不足に警鐘 IEA「米シェール頭打ち」

2018/11/13 15:58
保存
共有
印刷
その他

【ロンドン=篠崎健太】国際エネルギー機関(IEA)は13日発表の世界エネルギー見通しで、原油の供給不足が将来、深刻化するリスクに懸念を示した。米国のシェールオイル増産は2020年代半ばで頭打ちになると予測。世界の原油開発の遅れも挙げ、今の投資ペースでは供給が需要に追いつかなくなる恐れがあると強調した。原油相場が長期で低位安定に向かうとの楽観論に警鐘を鳴らした。

米国では採掘技術の進歩で、地中深い…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]