凸版印刷、IoT向けサービスを開始

2018/11/13 14:35
保存
共有
印刷
その他

凸版印刷はソフトウエア開発のユビキタスAIコーポレーションと組み、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」機器向けのサービスを始める。凸版印刷が持つIDなどの管理システムとユビキタスのIoT機器開発のノウハウを組み合わせ、安全性を高めた。機器メーカーなど向けに2019年3月末からサービスの提供を始める。

販売するサービスは「Edge Trust」。クラウド上にIoT機器の重要情報の書き換え機能やIoT機器を認証するための登録機能を持たせた。

IoT機器には暗号化通信で安全に接続する機能があるが、これまでは個々のIoT機器ごとにデジタル証明書のダウンロードが求められるなど作業が煩雑だった。新サービスではクラウド上でデジタル証明書の管理ができる。個々のデジタル証明書を事前にダウンロードする手間がなくなり、作業スピードやコストの軽減につながるという。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]